サバ缶

今年の2月ごろから毎日昼食はサバの水煮缶を食べるようになった。休みの日と在宅勤務の日だけであるが、出社は1週間に1日程度なのでほとんど毎日サバ缶を食べていたことになる。

なおサバ缶だけではなく納豆と冷凍ブロッコリーも併せて食べている。先月健康診断があり、結果が戻ってきてかなり変化しているので驚いた。

中性脂肪が33で基準値の下限を下回っている。悪玉コレステロールはわずかながら減少、善玉コレステロールは基準値の上限を上回っている。善玉コレステロールという名前からみて多い分は問題ないのではと思うのだが、多すぎるのもダメなようだ。

サバ缶に関係するかどうかは不明だが、尿酸値も上限を超えている。毎日小魚を食べていたことも関係しているのだろうか。。プリン体は気になっていたので一日の摂取上限を超えない程度にしていたのだが、多すぎたのかもしれない。

貧血関連の数値は軒並み下限を下回っている。手術に関係しているのかどうか今度医者に聞いてみよう。

 

 

 

The Economistの新セクション

ロシアによるウクライナ侵攻と同じタイミングで、The Economistにも新しいセクションが登場している。By Invitationというセクション名で、記者以外の外部の人たち(主に政治家)の意見が掲載されている。当初はウクライナ情勢に関するもので占められていたが、最近ではそれに限らず他の話題にも広がっている。今回の進攻を受けての一時的なセクションかと思ったがそうでもなさそうな感じ。

最新号からは、追加でThe Economist explainsというQ&Aも登場。ウェブサイトにはだいぶ前からあったが印刷版にも登場している。なおBy InvitationもThe Economist explainsもオーディオエディションには含まれていなかった。

毎朝、The Economistから送られているThe World in Briefというメールマガジンを読んでいるが、ここにも変化が。だいぶ前からクイズが登場していたが、最近ではクロスワードまで登場している。

 

キウイフルーツ

昨年夏の記事にも書いたが、便秘防止のためにキウイフルーツ(グリーン)を毎朝食べている。このおかげかどうかは不明だがおかげでほぼ毎日お通じがある。

昨年夏時点では近所のまいばすけっとでは8個入りで398円で、毎日二つ食べていた。その後値段は変わらないものの、6個入り、5個入り、4個入りにどんどん減っていき、4個入りのころにはニュージーランド産のゼスプリではなく、アメリカ産になっていた。

4個入りのころになると毎日二つ食べるのもお金がかかるので1つに減らしていた。先月あたりから逆に個数が増加しており、5個入り、6個入りになり、今日はとうとう8個入にまで戻っていた。新聞によるとニュージーランドではキウイフルーツの旬らしい。円安のため同じ値段では8個入になることはないのだろうと思っていたのでうれしい。値段を気にせずに食べることができる。

 

現時点での朝のルーチン

5時ごろに起床

水で口を漱ぎ、サプリメント(ビタミンDユーグレナ)を飲み、キウイフルーツを食べる。その後肩甲骨のストレッチ、プランク、レッグアップなどを行う。

オールブラン(ブランリッチ)40グラム&ヨーグルト100グラムを食べる

コーヒーを沸かす間、スクワットを30回行う

ダンベルで筋トレ(ダンベルカールなど)

 

 

Inspiron 14 (5425) 購入

7年以上Dynabookを使っていたが、久しぶりにdellのパソコンを購入。性能面ではdynabookもまだまだ使えると思うのだが、17インチとかなり大きいことと、消費電力が高くやたらとファンドがまわってうるさいこと、スリープからの復帰にやたらと時間がかかるのが気になりはじめて思い切って買い換えた。

 

CPU:Ryzen 5825U、メモリー:16GB、SSD:512GBという構成で90,075円というのはかなり安いと思う。intelではなくAMDというのが少し気になったところではあるが今のところ特にアプリの利用上問題は出ていない。

 

14インチだと画面が小さすぎて文字が読みにくいので、windows11の機能で文字表示の拡大というものがあったので早速使ってみるとだいぶ読みやすくなる。1920*1200という少し縦長のディスプレイなので、手元にあるフルHDのディスプレイにつなぐと、両端が黒くなり、昔のテレビ番組を見ているような感じになってしまうのが残念なところ。在宅勤務での生産性も向上しそうなのでもう少し大きな外部モニターに買い換えることも考えている。

 

dynabookでの問題だった、ファンのうるささ、スリープからの復帰に時間がかかるという点は、さすがに解消している。時々うるさくなることもなるが通常はほぼ無音。

 

USBポートが少ないので、マウスは専用トングルが必要なタイプではなく、bluetoothにした。SDカードスロットがあるが、代わりにUSBポートを増やしてくれるほうがありがたい。

 

パソコンの買い替えと同時にwindows11に移行したわけだが、いろいろ使いにくい。同じアプリケーションを複数立ち上げた場合、11ではグループ化されてタスクバーに表示される。10ではグループ化しないという設定もできたが11ではできない。またエクスプローラーでファイルを選択してタスクバーにドラッグアンドドロップすることもできなくなった。スタートメニューのタイル表示ではないのでアイコンの場所を自由に配置できない。このあたりが11での不満ではある。

 

 

 

 

iPhone SE3購入

先日、iPhone7の2回目のバッテリー交換をしたばかりであるが、結局iPhone SE3を購入した。バッテリー交換しても思ったほど電池の持ちが改善したわけではないためだ。1回目の交換時にはだいぶ良くなった気がするのだが2回目はそれほどでもなく、バッテリーだけを交換すればよいという話でもなさそうだ。

 

購入したのはスターライトの256GBのモデル。7のベゼルが白だったのに対し、今回はブラックなので筐体は同じとはいえ、見た目の印象はだいぶ異なる。画面オフの状態では全面黒なので、画面が大きく見える。

 

さすがに7と比較すると動作はきびきびしている。アプリの起動も早く、写真もだいぶきれいになっている。バッテリーが特に素晴らしい。7の頃は朝から使い始めて昼過ぎには低電力モードになっていたのに、SEだと寝る時まで十分使える。

 

 

機種移行が面倒だと思っていたが、勝手にデータ移行をやってくれる。ただ、大量の写真データも移行させたので一晩移行するのに時間がかかった。ただ終わった後によく考えると写真を移行させる必要はなかったので、初期化して再度写真抜きで移行させている。さまざまなアプリの認証情報も移行されているのかと思いきや、そうでもなく、個々のアプリでログイン処理を行う必要があった。パスワード管理システムを使っていたのでだいぶ楽になっていたのだが。

 

7の時にはapple careに加入したが今回は見送り。見送ったとたんに壊れてしまうのではないかと少し心配だが、2年という期間は短すぎると思う。3年程度は保証してほしい。ケースも今までは純正ケースを使っていたが、今回はダイソーで買った100円のクリアケース。とりあえずこれで様子を見ることにする。

 

追記:

先ほど外出した際に、メールを見ようとしたら、モバイルデータ通信ができないことに気づいた。ずっと在宅勤務だったので気づかなかったが、機種変更した場合にはプロファイルをインストールする必要があるらしい。データ移行の時にはプロファイルは移行されないというのも奇妙な動作だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

自宅ネット回線増強

数週間程度前から、在宅勤務しているとネットワークの不調に悩まされることが多くなってきた。teamsで音声が途切れるとか、会議の接続が切れるとか、メールサーバーにアクセスできないとかそんなトラブルである。

 

子どもがコロナによる登校自粛で、リモートで授業を受けていたり、昼間からApple TVでプライムビデオを見ているため、ストリーム数が増加しているのではないかと考えた。子供だけではなく妻も在宅勤務でパソコンをネット接続しておりこれもトラフィックが増える要因になっているのだろうと推測。

 

そこでストリーム数が多いハイエンドの無線ルーターを買おうと思ったものの、wifi6の端末は自宅にはほとんどないため新機能のメリットがなく、各端末の設定の手間を考えるとルーターを買うのも躊躇していた。

 

そこで思いついたのが、古い無線ルーター(Aterm WR9500N)を、現行の無線ルーター(Aterm WG2200HP、2016年8月に購入しているので結構古い)のLANポートに接続するという方法だ。会社のパソコンは、古い無線ルーターに接続するように変更してとりあえず様子を見た。

(なお古い無線ルーターはPPoEではなく、単なるローカルルータとして設定しないと機能しなかった。)

 

結局、古い無線ルーターを通じたアクセスでも不具合はなくならなかったので、思い切って新しい機種を購入。同じAtermのWX3600HPだ。新機種であるWX5400HPにしようかと考えたものの、発売当初の製品も少し危険な気もして、昨年発売されたWX3600HPにした。

 

急遽昼休みに切り替えたが、速度自体は大して変わらず。ただ会社のPCからの接続状況は大幅に改善したように見えた。ルーター側の問題だったようだ。

 

これで自宅には3台のatermがあるが、新機種ほど筐体が大きくなっている。内臓アンテナが巨大化しているのだろうか。ルータやホームゲートウェイ用の棚があるのでスペースにはまだまだ余裕があるが。

 

できる限りに手を打っておくべく、プロバイダー(asahiネット)の接続をIPv6切り替えた。Apple TVの接続をWIFIから有線に変更。新しいルータにはQoS設定ができるので、会社のPCの優先度を高に設定。フレッツ光もハイスピードからギガラインにアップグレードも行った。月額200円の負担増で速度は5倍になるはずだが、実際にはそんなことはなく、アップロードは倍になったものの、ダウンロードは数割程度の増加にとどまる。もともとハイスピードでもなぜか理論値の200MBps以上の速度が出ておりあまり効果はなかったようだ。

 

これで一安心と思ったが、teams会議でまだ音声が途切れるという事象は発生する。zoomだとまだましな感じだ。会社のネットワーク環境も現在変更中なのでどこが問題なのか分からず、結構ストレスとなる。

 

回線増強によるコスト増加を抑えるべく、今まで放置していた光コラボへの移行も検討している。asahiネットへの転用が選択肢としては一番無難だろうか。asahiネットも20年程度利用しているが不満はないし安心感はある。

 

 

 

 

 

 

 

ジェットウォッシャーを試す

以前より気になっていた、ジェットウォッシャーを購入。パナソニックのEW-DJ54-Wという機種だ。ポータブルで浴室でも利用できる。今まで歯間ブラシやデンタルフロスといったものを利用しておらず、歯の間に糸を通すというのもなかなか難しそうで、代替としてジェットウォッシャーを試してみたいと以前から思っていた。

 

最初は慣れずに、洗面所が水浸しになるとの記事を見て、浴室で試してみた。水量のレベルは5段階あり、1だと拍子抜けするぐらい弱いので3で試してみた。タンクの容量が少ないようなので途中で水を継ぎ足して2回行った。

 

結果は微妙なところだ。確かに歯医者で検診の際にクリーニングしてもらったように歯の表面はつるつるして気持ち良い。歯の隙間に挟まったカスがごっそり出てくるのではないかと期待していたがそうでもなかった。歯ブラシできちんと取れているいうことなので喜ぶべきことなのだろうが。。出血もなかった。

 

盲点だったのが、手入れが面倒ということ。水を全部出して乾かさないと水垢が溜まるようだ。また狙ったところに水が当たっているのかどうかもよく分からず、多少慣れが必要と思われる。予想以上に筐体が大きいので収納場所をどこにするのか考えている。

 

私の場合、フッ素入り歯磨き粉を使っているので、先に歯磨きをすると、ジェットウォッシャーでフッ素を取り除いてしまうと思われ、順序を逆にする必要がありそうだ。